高速プレス部品検査

プレス部品などの寸法測定データを共有し、生産工程にフィードバック

●検査デモ機

●画像処理装置(EV-G2)

●検査画面

フープ材プレス部品などの寸法測定や外観検査を超高速に実行します。

■概要

高速に移動しているフープ材のプレス部品に対し、LEDストロボ発光照明を用いて静止画像を取得し、寸法測定や外観検査を実行します。取得したデータは、システムサーバやクラウドにアップし、遠隔からデータを共有する事が可能です。

●IoT/M2M Solution

LAN経由で計測データを指定のフォルダにUp出来ます。保存先をクラウドにする事で、遠隔での測定データ監視が容易に実現出来ます。

高速処理

検査能力は毎分3,000個以上です。

複数視野対応

最大2台のカメラ、最大4台のLED照明を設置可能です。画像は、同時入力が可能で、撮像タイミングのズレは有りません。

ウィンドウ位置補正機能

画面内でばらつく対象物の姿勢を検出し、測定ウィンドウの位置を自動的に補正します。

検査位置を自由に設定可能

寸法測定位置を、最大21箇所まで自由に設定する事が可能です。

 

製品情報に戻る